ナンパの成功率を著しく下げてしまうNG行動

無職でナンパをしているクズのシャラ太郎です。

夜景の見えるデート

最近、街でナンパをしている人をよく見かけます。

それも間違ったナンパ方法をしている人たちを。

 

「ナンパの極意?そんなの数多く声かけまくればいいんだ」

そう思っている人たち、絶対違います!

ナンパは数も重要ですが、クオリティが最も大切です。

 

その理由は、単純な労力や時間の問題ではありません。

成功率10%の人と、成功率30%の人では遊べる女性の質が変わってくるのです

成功率10%の人についてくる女性は、きっと誰にでもついてくるアホ女でしょう。

そんなクソ女といつまでも遊んでいると、いつまでもナンパ技術は向上しません。

 

より良い女性をGETするためにも、ナンパNG行動を行わないようにしましょう!

 

NGナンパ行動

バカ騒ぎナンパ

男たちだけが超絶ハイテンションでナンパしている光景、よく見かけます。

周りから見ていて痛いです。

でも、きっと本人たちは酔っぱらって気付いてないのでしょう。

 

そして、このナンパで付いてくる女性を想像してみてください。

  • アホそう
  • 足が臭そう
  • テキーラ一気が好きそう
  • 勝手にあだ名つけてきそう

こんな女性が好きな人は良いんです、勝手にバカ騒ぎしてください。

 

行くお店も決められない男

声をかけて、話も盛り上がりつつあるのに「どこのお店に行こう?」と悩んで立ちんぼしているナンパを見かけることがあります。

なかなか決まらず女性側が「あそことかどう?」って提案をしている場合も。

 

何がいけないの?って思う方もいるかもしれませんが、これ、絶対にダメです!

理由は簡単、初対面で決定力のない男だとイメージを植え付けてしまうから。

男だったら店くらい考えてナンパしましょう。

もしいい店を知らないとしても、パッと行く店くらい決めましょう!

その時に脱ぎにくそうなブーツを履いている女性がいるとき、靴履いたままの店の方が良いよねとさりげない気遣いを見せると好感度アップします。

 

店に入った後はもちろん、女性の会話を中心に場を盛り上げて楽しませましょう。

店に入るまでの決定権は男に、会話の主役は女性に!

 

女性にお金を出させるナンパ

ナンパしたからには絶対に奢ってあげましょう。

せっかく楽しかった思い出も、お金を出させた瞬間に最悪の記憶になるに違いありません。

 

いや、ブスでクソ楽しくなかった場合は全額出させても良いです。

むしろ、トイレ行ったふりしてそのまま帰りましょう。

私は一度、ナンパして店に入ったら女性の強烈なワキガに気付き完全割り勘にしたことがあります。

 

自慢話をするナンパ

これはナンパだけに限った事ではありません。

自慢はするのではなく、相手に勝手にすごい人だと思わせる。

醸し出すのが正解です。

 

知らない人の自慢話は退屈です。

けど女性の中には「すごーい!!」って言ってくれる優しい人もいます。

そんな女性に騙されてダラダラと自慢話をしてしまう愚か者にならないようにしましょう。

 

酔い過ぎない

ナンパで調子に乗って飲みすぎては台無し。

相手を酔わすために自分のペースを上げるのは大事ですが、限界を見極めましょう。

 

酔い過ぎてしまい、己を見失い、全てを失った47歳のメンバーを知っています。

明日は我が身。

気を付けましょう。

 

ナンパを成功するには

ナンパは自分をさらけ出す場ではありません。

相手の理想の男性を演じる場です。

相手の髪型、服装、喋り方といったすべての情報から理想の男性像を想像して演じましょう。

100回くらいナンパをすれば相手が求めている男性像が大抵当たるようになります。

 

ナンパはクオリティだ!!