【保存版】カラオケでフェラまでもっていく全手順

2019年1月12日

沖縄在住ナンパ師のしゃら太郎です。
私は無職、金なし、低身長、顔普通、なのですがナンパ技術だけは日本トップクラスだと自負しております。

そしてここに断言します!
ナンパは“技術”“メンタル”さえ持っていれば”ブサイク”でも成功すると。

ということで、今日はカラオケでフェラまでもっていく私の極意を伝授します。
LET’S BLOWJOB!!
これであなたもフェラ太郎!

良い男

カラオケとフェラ ~回想編~

まず最初に、私とカラオケフェラの始まりについて簡単に話します。

私がカラオケフェラの虜になったのは7~8年ほど前。
中学の同窓会の4次会でカラオケに行ったときです。
酒に酔いテンションの上がった私は、チンコを出して踊っていました。

するとアホな女が、その場に10人~15人いるにも関わらずフェラをしてくれたのです。
同級生たちのテンションは最高潮に盛り上がり、それと同時に私も昇天したのはいい思い出。
アホな私は思いました

「ああ、カラオケってフェラしたら盛り上がるんだ!」

それ以降、どうやったらフェラをしてもらえるか様々な実験を行いました・・・
空き部屋に入って店員に見つかったり、トイレでしたり、そのまま部屋でしたり、本当に色々な方法を試しました。

そして7~8年ほどの歳月をかけ、究極のカラオケフェラ手順を見つけたのです。
LET’S BLOWJOB!!
これであなたもフェラ太郎!

カラオケとフェラ ~ジャブ編~

カラオケでフェラまでもっていくには、前もって複数のジャブをかます必要があります。
直接お口のゴールを狙うのではなく、ジャブを打ち、ふらふらにしてお口をゆるゆるにした方がゴールは近づきます。

ちなみに、一つ一つのジャブは大した効力を発揮しません。
しかし、積み上げは大きな効力を発揮します。
フェラ太郎である私が言うのだから間違いありません。

シャンパンの持ち込み

カラオケにシャンパンを1本持ち込みましょう。
確実にめっちゃ盛り上がります。

さらに店員から隠す作業を一緒に行うことで仲が深まります。
たまにバレて怒られることがあるのですが、「ごめんなさい、今日こいつが誕生日で調子に乗っていました」と適当に理由を付けて反省すると許してもらえます。

ちなみに、このシャンパンを持ち込む行為のメリットは2つあります。

まず1つめ、シャンパンを持ち込む変わり者と思われた方が良いのです。
ド真面目な奴が突然変なことをすると少し引かれます、変な奴が変なことをしても普通です。

そして2つめ、シャンパンを隠す行為を一緒にすることによって作業を一緒にする一体感が少し生まれます。
ほんの少しですが、フェラまでの道はこのような一体感の積み上げです。

空調の魔術師

服の枚数は、フェラの壁!!

最初は快適な温度を提供し、相手がトイレに行った隙に温度を上げましょう。
すぐに暑くなるので「盛り上がってきたから暑いね」と言い、自ら服を一枚脱げば、相手も盛り上がってきたから暑いと勘違いして服を一枚脱いでくれる可能性があります。

照明の魔術師

もちろん暗ければ暗い方が良いです。
しかし最初から暗くして警戒されては嫌なので、私は逆に一番明るくします。
そうすることによって相手が自ら暗くしてくれる可能性があります。
女性自ら暗くする行為によって、あとから自分がが一番暗くしても文句が言いにくくなることでしょう。

エロス

テンションだけで乗り切ってはダメです。
エロい=カッコいいという価値観を埋め込みましょう。

私は男のエロい歌を歌えない(知らない)ので、いつも椎名林檎を入れるようにしています。
相手が歌ってくれなくてもPVを流しながら、「椎名林檎の大人のエロスって凄いよね」的な会話から下ネタに入ります。

愚痴聞き上手

相手の愚痴を聞いて、心のもやもやを吐き出させて、その対価はお口で頂きましょう。
愚痴を自然な流れで言わせるには、仕事を頑張ろう的な歌を歌えばいいです。

明日があるさ(ウルフルズ)

俺たちの明日(エレファントカシマシ)

明日も(SHISHAMO)

それ系の歌を入れたあと、世知辛い世の中だ!!的な発言をして聞き手に回りましょう。
愚痴を聞くと、相手の脳は錯覚を起こし『愚痴も言える人』=『好き』=『フェラ』となります。
※ただ頷いて「わかる~」を繰り返すだけで良いです。下手にアドバイスするのは絶対にNG。

錯覚する距離感

フェラをしてもらうには距離感を詰める必要があります。

手を繋ぐ、肩を抱く、膝枕をしてもらう(してあげる)、フェラ

距離感をつめるには、みんなで肩を組んで合唱したくなるような歌がお勧め。

DA PUMPのUSAを歌えば大丈夫!!

ちんこ連呼

“ちんこ”という言葉に抵抗力をなくす必要があります。
私はいつもトイレを我慢しているふりをします。

「やばい、トイレ我慢し過ぎて“ちんこ”が爆発する」

この発言一見意味不明ですが、以外と効果があります。

ほとんどの人は「トイレ行ってくれば」と言うので、こう言い返しましょう。

「トイレ行く時間がもったいない」
※どや顔で言うのではなく、こりゃまいったって顔で言うのがコツです。

もう一度言います。
意味不明ですが、きっと効果があります。

4~5回「ちんこ、ちんこ」言ったところで本当にトイレに行って、すっきりした超絶爽やかな顔をしてカラオケルームに戻りましょう。

カラオケとフェラ ~勝負編~

ほどよい酔い、距離感、エロス。
全てがそろったと感じたら勝負です。

まずキスをして、反応を見てください。

このときキスをして嫌がっていたら、残念ながら終了。
※嫌よ嫌よも好きのうちパターンも僅かながら存在するのですが、無理やりするのは犯罪になるリスクが存在するのであきらめてください。

良い反応をしていたら、チンコを立たせてください。

「やばい、興奮した」

そう言って、相手に勃起して服がパンパンになったところを見せつけましょう。

「でしょ、めっちゃ立ってる」

そう言って、

「お願い、少し触って」

からの

「お願い、フェラして」

キスが成功すれば、ほとんどフェラまで誘導できます。

※自由に勃起させることのできない人は諦めてください。

LET’S BLOWJOB!!
これであなたもフェラ太郎!