退職するまでに会社でやってみたい7つのこと。

会社をクビになったシャラ太郎です。

無職になっても前職の上司やクライアントを思い出したり、夢に出てきたりします。

 

会社に未練や後悔の念があるからでしょうか。

どうせだったら後悔しない会社のラストを飾りたかった。

めちゃくちゃな事をして会社をクビになればよかった。

 

ということで後悔しないためにも、退職までにやりたかった7つのことを書いていきます。

kaisya

 

ゴミを見るような目で見る

上司が朝礼で士気を高めている姿をゴミを見るような目で見てやりたかった。

最近の若者の無力感を舐めるなよ!!

 

突然クソでかい声で返事する

上司「A社の案件まとまりそうか?」

私「はい、大丈夫です。今日中にはまとめてご報告します。」

上司「分かった。何かあったら報告してくれ。」

私「ツァイ!わかりゃぁしっやぁぁー!」

イメージとしては、ハンターハンターのウヴォーギンが大声だけで敵をやっつける感じ。

 

その話5回目です!!

上司「私が若かった頃はパソコンが無くてお前らの倍は働

私「その話5回目です!!」

上司「!!!」

上司の同じ話を何度聞けばいいんだろうか。

 

普通にウォッカを飲む

最後ぐらいキンキンに冷えたウォッカを飲んで陽気に働きたかった。

 

 

「時間切れだ 」と言い放ち定時に帰る

ピ・ピ・ピーン「5時をお知らせします」

私「時間切れだ」

そう言い放ち黙って会社を後にするほどクールな男になってみたかった。

 

デスクトップの背景で訴えかける

一目でブラック企業と分かるデスクトップでアピールしたかった。

 

お局のババアに唾を吐く

憎たらしいババア、奴らの顔面に唾を吐いてやりたかった。

どこにでも生息するゴキブリのようなお局たちを全国から消し去りたい。

 

最後に

こんなこと書いていますが、私はデスクワーク中全裸になっておしっこしたらクビになりました。笑