一人暮らしの賃貸物件のおすすめはノーセパレート物件!!

2018年3月31日

こんにちは!

貧乏だけど明るいシャラ太郎です。

 

一人暮らしの賃貸物件を決める際に一番重点を置くのは何ですか?

家賃、立地、築年数など人それぞれですよね。

ただ風呂トイレ別を必須にしている方は多いと思います。

 

でも、よく考えてください。

本当に風呂トイレ別である必要ってありますか?

値段が1万円くらい違いますし、物件の幅もかなり広がります!!

 

ということでノーセパレート物件である、3点ユニットバス物件をゴリ押しする理由をこれから説明します。

 

 

なぜバス・トイレ別にする?一人暮らしの最強は3点ユニットバス物件だ!

一人暮らしで最強の賃貸物件は3点ユニットバス物件です。

3点ユニットバスとは・・・トイレ、洗面台が一緒になっているお風呂のこと。

 

この3点ユニットバス物件ですが、住むまではトイレットペーパー濡れそう、ダサい、不衛生とか思っていました。

しかし、実際住んでみて印象はガラリと変わりました。

 

詳しい内容に入る前に、3点ユニットバス物件の現状を少し説明します。

 

2017年8月9日にLIFULL HOMUE’Sを利用して那覇市内の物件を調べた結果です。

場所:那覇市内

間取り:1R・1K・1DK

下半分のみ、同条件に風呂トイレ別を加えたもの

 

風呂トイレ別を条件に入れると、837件だった物件数がたった494件になります。

風呂トイレ別を条件に入れるだけで、4割ほどの物件が選択肢から消えてしまうのです。

 

本当に風呂トイレ別は必須でしょうか?

 

しかも、風呂トイレ別にするだけで5,000円から20,000円もの差額が生じるようです。

仮に10,000円違うとして、2年住めば24万円、60年住めば720万円の差が生じます。

これらを見てもまだ、風呂トイレ別を必須にしますか?

 

3点ユニットバスのゴリ押しポイント!!

まず最初に3点ユニットバスに対するマイナスのイメージを消していきましょう。

私自身が3点ユニットバスに抱いていたイメージはこちら。

・カビ生えそう

・トイレットペーパー濡れそう

・湯船に浸かれない

・ダサい

・女の子が来た時に嫌がりそう(来ないけど)

 

じゃあ実際住んでみてどうかというと。

 

・カビ生えそう

 換気扇を24時間つけているので生えません。

 

・トイレットペーパー濡れそう

 トイレと風呂の間にカーテンをしているので濡れません。

 

・湯船に浸かれない

 そもそも浸かりません。

 一人暮らししている若者の半数以上はシャワーではないでしょうか?

 

・ダサい

 そもそも私自身がダサいから問題ない。

 

・女の子が来た時に嫌がりそう

 風呂トイレが一緒だからって嫌がるような女が私は嫌い。

 

いかがでしょうか?

後半は若干無理があるかもしれないが、私のようにモテない無職には関係のない話だから正直よくわかりません。

 

これで3点ユニットに対するマイナスイメージは綺麗さっぱり消え去ったので本当のゴリ押しポイントを説明していきます。本番はここからです!

 

☆☆本当のゴリ押しポイント☆☆

1点目、掃除が本当に簡単です。

風呂トイレ別だと、私の場合トイレ掃除なんてほとんどしません。

ところが、3点ユニットの場合トイレットペーパーを取り外してシャワーをぶっかけてやればトイレ掃除終了です。早すぎる!!

 

2点目、女の子が遊びに来た時良い雰囲気になりそうな場合、トイレの横の洗面所でチ〇コをかるく洗い流せる!

暑い夏、良い雰囲気になったは良いが気になる臭い。

そんなときはトイレに行った時にかるく洗っておきましょう。

 

3点目、うんちした後にお風呂におしりを出してシャワーで簡易ウォシュレット!

私は、うんちをした後に何度トイレットペーパーで拭いても永遠にうんちがついてくる現象に長年悩まされていました。

それが、この3点ユニットの場合お風呂におしりを出してすぐさまシャワーで洗い流すことができるので大変満足しています。ボディーソープで手も綺麗に洗えて一石三鳥!

 

以上が私が考える3点ユニットのゴリ押しポイントです。

 

まとめ

思っていたほど3点ユニットバス物件は悪くない。

物件数も増えるし家賃も安いので、逆にねらい目!!